スポンサーサイト

  • 2016.07.31 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    楽譜の入手方法

    • 2016.05.24 Tuesday
    • 19:50
    専門でやっていた頃は、楽譜は楽器屋さんや楽譜屋さんで買うのが普通でした。

    でも、楽譜って、高いです。

    専門でやっていると、出版社によって曲の解釈が若干違ったりするので、同じ曲の楽譜を数冊持つ、という事になったりします。

    例えば、バッハを弾く時には、ヘンレ版と、春秋社版の比較を、よくしました。

    ヘンレ版は、スラーや強弱記号の記載が少なく、つまりバッハが書いた頃の楽譜に近いという感じです。
    (当時は、ピアノという楽器はまだ無くて、チェンバロやハープシコードなど、現代のピアノよりも、強弱や音色の差異を表現しにくい楽器が、広く演奏されていたそうです。)

    春秋社版は、現代のピアノで弾く事を前提に、表現豊かな解釈がたくさん記載されている感じです。

    なので、ヘンレ版だけを読んで演奏すると、何だか素っ気ないように弾いてしまったり、どう弾いたら(表現したら)良いのか腑に落ちないという風に思ったりします。

    逆に、春秋社版だけを読んで演奏すると、何だかコネコネというか、バッハの時代っぽくないというか、これまた何だかスッキリしないという風に思ったりします。

    私のオススメは、まず、ヘンレ版だけで譜読みして、後々、表現をどうしようかと思った時に、春秋社版の記載を見て演奏します。

    と、楽譜にも色々あるということで、楽譜選びは、誰かに相談しましょうね。

    で、話しを戻して入手方法ですが、実は、古本屋さんにも、けっこう並んでいます。(『実は』って私が知らなかっただけかもしれませんが。)

    ポップスも、クラシックも、初心者〜中級くらい(バイエル、ツェルニー、ソナチネ等)の楽譜は特に、何軒かの古本屋さんで見た事があります。

    専門でやっていた頃は、『楽譜は資産だから新品!』と思っていましたが、一旦離れてみると、『中古でよくない?』と思ったりもします。

    だから、特に『ちょっと習ってみたい』人は、古本屋さんでどうでしょうか?

    書き込みが残っていてもだいたいエンピツですから、消せばいいだけです。

    私が活用している、フリマアプリにも、楽譜が出品されていました。

    楽譜も、普通の本と同じように、中古がたくさん出回っているようで、安く済めばありがたいものです。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM